1. トップページ
  2. 睡眠時間が取れない人の代替対策方法

睡眠時間が取れない人の代替対策方法

【睡眠時間・覚醒回数】5時間・1回

32歳

寝不足解消のために、特別にしていることはありません。食事はバランスがとれていると思うのですが、運動は少し足らないかなと思っています。でも、運動する時間は夜しかないのですが、夜道のウォーキングなどは防犯上心配なのでためらっています。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間・2回

30代

夜中に何度も起きず深くて質の良い睡眠をとりたいので、よく眠れるように寝る前の軽い運動と、毎日ではないですが半身浴をしています。それと、寝る1時間前にはテレビやパソコンは見ないようにし、読書などをして過ごしています。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間・1?2回

36歳

少しの音や、刺激で目が覚めやすいので、窓やカーテンをきっちり閉めて、朝の音や朝日が出来るだけ入らないようにしています。冬場等は乾燥してくると不快なので、加湿空気清浄機をつけています。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間・2回

25歳

PCやスマホから発せられるブルーライトが良くないと聞いたため、寝る前にそれらを見ることは避けています。また、お風呂から上がって温まった体が少し冷めてくる頃に眠気がくると聞いたので、寝る少し前に入浴するようにしています。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間程度・3〜4回

40代

いろいろと試しています。特に毎日歩くことは欠かさないように意識しています。ウォーキングのように真剣に歩く日もあれば、散歩のようにゆっくりと歩く日もあります。歩く機会を多くしてから、寝る際に体がほどよく疲れているので、以前よりも寝つきはよくなりました。

【睡眠時間・覚醒回数】4時間0回

40代

ゆっくり温めの湯船につかることです。湯船につかることにより深い眠りにつくことが出来ます。たまにアロマをお風呂タイムにに取り入れたりして、癒しの効果を与えています。自分だけの静かな時間を作ることで早めに眠りにつくことが出来ます。

【睡眠時間・覚醒回数】4時間・0回

23歳

運動をしてーーといってもウォーキングだがーー、なんかとかしている。ほんの少しだが。あと、医者で睡眠薬を保証してくれている。本当に寝眠れないときで昼に眠なくなった場合は、寝ないよりはマシだと思い、昼でも寝る。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間1回か2回

39歳

寝る前に子どもの将来のこととか、普段の悩みだとか、考え事をしてしまうとさらに眠れなくなったり夜中に起きてしまったりするので、できるだけ布団に入ったらなにも考えないようにしています。身体の力を抜いて何も考えない、そうすることによって寝つきがよくなりました。

【睡眠時間・覚醒回数】4時間・0回

40代前半

睡眠アプリを使って自分の睡眠の状態がどんな感じか記録をとっています。眠りの深さや、睡眠途中での覚醒の回数も記録してくれるので、自分の睡眠の内容を確認するのに役立っています。ただ記録をとっているだけで、睡眠不足の解消にまではつなげられていません。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間半2回

30代

寝不足解消のための対策は、私はとくにとっていません。その代わり、僅かな隙を見つけて寝るということはやっています。10分から30分時間があったらそのすきにちょっと横になって寝ています。対策を取らない理由は、目の前の仕事をやることだけに精一杯で特別なことをやる余裕が全くないからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加