1. トップページ
  2. 寝不足になるきっかけは?

寝不足になるきっかけは?

【睡眠時間・覚醒回数】5時間・1回

32歳

社会人になってから肌の調子が良くないようです。学生時代はあまりプレッシャーを感じたことがなく、起きられなくてもいいかと思っていたのですが、今は仕事がうまくいくのかということと、ちゃんと起きなきゃという気持ちだからかなと思います。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間・2回

30代

寝不足が慢性化したのは出産を終えて育児に入ってからです。授乳の為に夜中に何度か起きていたのが習慣化してしまい、未だに夜中に何度か目が覚めてしまい、中々寝付けなくなります。きちんと眠れていた以前は、疲れていても肌の回復は早く、吹き出物もありませんでした。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間・1?2回

36歳

育児休暇が終わって職場復帰した頃から、寝不足気味です。子供と一緒に9時くらいに寝られたら良いのですが、お皿を洗ったり洗濯等の家事をすると、あっというまに時間が経ってしまいます。ついつい読みかけの本が気になって読んでしまうのも、寝不足の原因のひとつです。寝不足になる前の肌はツルツルと、透明感がありましたが、今はゴワゴワくすんでいます。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間・2回

25歳

社会人になり、仕事上のプレッシャーや翌日の仕事のことを考えるようになってしまってから寝つきが悪くなりました。学生時代もそれなりに忙しい毎日を送っていましたが、社会人が負う責任の重さとは比較にならなかったのだと思います。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間程度・3〜4回

40代

もともと長く寝ることができない体質なのですが、40代になってから特に夜中に目が覚めることが多くなりました。寝ていると体や顔が急に暑くなって目が覚めることから、更年期障害の症状が出ているのではと思います。

【睡眠時間・覚醒回数】4時間0回

40代

家族の生活環境の変化で、家族に就寝時間を合わせていると自分の睡眠時間が減ってしまったというのが主な原因です。2年くらいこの生活が続いています。全体的に潤いを保っていた肌は保湿が出来ていないという感じになりボロボロが出る時もあります。

【睡眠時間・覚醒回数】4時間・0回

23歳

今のような寝不足になったのは、高校二年生のはじめにうつ病が発病したときから。特に大学に入ってからただのうつ病が、躁鬱病になって、躁状態が加わり、寝不足が更に悪化。躁状態の日はほほゎ眠ることが出来なくなった。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間1回か2回

39歳

2年10ヶ月くらい前に出産したことがきっかけです。たまたまよく泣く赤ちゃんで、今でも夜に少しだけグズったりする(寝言みたいな感じで)ので…深く眠れなくなってしまいました。妊娠中は全くトラブルのない肌だったので、今の肌を見ると「冗談でしょ…」と思ってしまいます。

【睡眠時間・覚醒回数】4時間・0回

40代前半

ここ数年はずっとこんな感じです。生活の変化というよりは、自分自身の変化です。平日はどうしても色々やりたくて、夜遅くまで起きています。寝不足になる前は、睡眠は足りていても生活が不規則だったので、あまり肌の状態は良かったとは言えません。

【睡眠時間・覚醒回数】5時間半2回

30代

半年前から5時間半、5時間程度の睡眠時間になりました。こうなった理由は、身内の仕事を手伝わされていてさらに自分自身の仕事もあるからです。仕事ばかりで時間が足りないので寝不足です。身内の仕事はバイトを募集して欲しいですが経費削減のためか、一向にバイトを雇う気配はありません。すべて私にしわ寄せが来ているので、寝不足は必然という環境です。寝不足生活になる前は、8時間から9時間は寝ることができました。以前は、肌にしっかりファンデーションが入るし、乾燥して粉っぽく皮がふくなんてこともありませんでした。何よりも目尻のしわのような質感が全然なかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加